皮膚に負担の少ないムダ毛処理

皮膚に負担の少ないムダ毛処理

夏場など露出する機会が増えてくると多くの人が行うムダ毛処理ですが、適切に行わないと肌荒れなどのトラブルに見舞われてしまいます。ここでは、それぞれのムダ毛処理の方法と肌への負担の関係、より負担を軽くするためのコツについてご紹介しましょう。

 

処理をする際にほとんど痛みを伴わないことで人気なのが脱毛クリームや脱色剤などの薬剤を用いたムダ毛処理です。しかしこれらにはタンパク質を溶解するなどの強い成分が含まれているため、ムダ毛だけでなく皮膚を破壊してしまうことになりかねません。ムダ毛だけに塗ることは難しく、どうしても皮膚にも付着してしまいますので、使用してみて肌にトラブルが起きるようでしたら、すぐに別の方法に変えるようにしてください。

 

カミソリなどの刃先を利用したムダ毛処理の場合は、直接皮膚を削り取ってしまうことが多く、処理をする前にシェービングクリームを塗布したり、毛穴を温めておくことが大切です。処理後も保湿性の高いローションなどでケアをすることで、乾燥肌などのトラブルを引き起こすリスクを低くすることができます。

 

毛抜きによるムダ毛処理はより安全に思われるかもしれません。クリームを塗布する場合は皮膚の広い面への影響がありますが、毛抜きを使用する場合は毛根から1本ずつ引き抜くために広い範囲でダメージを受けることはありません。しかし毛穴が赤く腫れ上がってしまうなどのケースがあり、このような症状の見られる場合は皮膚への刺激が強すぎるために他の処理方法に切り替える必要があります。


パイナップル豆乳ローション

パイナップル豆乳ローション

お薦めムダ毛処理

ムダ毛対策ローション お肌つるピカボディジェル

アドセンス広告