ムダ毛処理にまつわるトラブル

ムダ毛処理にまつわるトラブル

自宅でも手軽に行うことのできるムダ毛処理ですが、きちんとケアしないと皮膚にトラブルが起きてしまいます。ここではムダ毛処理にまつわる代表的なトラブルとその対応方法についてご紹介しましょう。それぞれのトラブルの発生メカニズムについて知っておくことで事前に予防することができます。

 

ムダ毛処理をする際に毛穴がダメージを受けることで発生するのが「毛嚢炎」です。毛嚢炎になると、顔にできるニキビや吹き出物と同じような症状が見られるようになります。吹き出物を無理に潰したりするなど適切な処置を行わないと、傷跡が残ったり色素沈着を起こして肌が黒ずんだりすることになってしまいます。

 

毛嚢炎への対応としては、ニキビと同じように毛穴の炎症を沈静化させるクリームなどを患部に塗布するようにしてください。それでも症状に改善が見られない場合は皮膚科で診察を受け、医学的処置を受けるようにしましょう。色素沈着を起こしてしまった場合は美白作用のある化粧クリームなどによるケアが大切です。

 

毛抜きによるムダ毛処理を行った際に発生しやすいのが「埋没毛」です。毛根からムダ毛を引き抜いた後に新しい毛が生えてくる前に皮膚が蓋をしてしまい、毛が皮膚の中に埋まってしまう症状です。皮膚が黒ずんで見えるなど見た目にも綺麗ではありませんし、場合によっては触ると痛みを感じるケースもあります。

 

埋没毛への対応は患部を針などのとがったもので切開し、埋没している毛を取り除く処理が必要になります。このような症状がたびたび見られるようでしたら、処理方法が自分の肌には合わないことが考えられますので、他の方法に変えることをお勧めします。


パイナップル豆乳ローション

パイナップル豆乳ローション

お薦めムダ毛処理

ムダ毛対策ローション お肌つるピカボディジェル

アドセンス広告