毛抜きを使う場合の注意点

毛抜きを使う場合の注意点

ムダ毛を1本ずつ毛抜きで抜いていく方法はまとまった時間が必要になりますが、ムダ毛を毛根から抜くことができるので仕上がりが綺麗になります。さらに、処理した部分のムダ毛が再び生えてくるまで数週間ほどを要しますので、処理した後の状態をそれまで保つこともできます。

 

このようにメリットの多い毛抜きによるムダ毛処理ですが、そればかりではありません。毛根からムダ毛を引き抜く方法ですので、皮膚の表面に出ている部分だけを剃り落とすカミソリや電動シェーバーによる処理に比べると痛みが伴うというデメリットがあります。もちろんカミソリなどを使用した方法でも皮膚はある程度のダメージを受けることになりますので、皮膚の弱い人は炎症を起こすこともあります。

 

毛抜きを使ってできるだけ皮膚に負担をかけない方法がありますので、ご紹介しましょう。いきなり毛抜きを使用するのではなく、バリカンやはさみを使ってムダ毛を5mm程度残して刈り揃えるようにします。その後毛抜きを使ってムダ毛を抜いていきます。

 

ムダ毛の引き抜き方にもコツがあり、ゆっくりと引き抜くことで毛穴をできるだけ開くことで痛みを緩和することができます。また、毛の生えている方向に沿って引き抜くことも痛みを軽減し、できるだけ炎症を起こさないようにするためには重要です。毛の流れに逆らうように引き抜こうとすると、皮膚にダメージを与えてしまうばかりか毛根から根こそぎ引き抜くことが難しくなってしまいます。

 

処理後の皮膚は血行が激しくなるため熱をもってしまいます。そのため、濡れタオルなどで皮膚を優しく押さえるようにして冷やすように心がけましょう。


パイナップル豆乳ローション

パイナップル豆乳ローション

お薦めムダ毛処理

ムダ毛対策ローション お肌つるピカボディジェル

アドセンス広告